top of page
検索

ミラノキャンパス卒業生がアメリカのファッションデザインコンクールで優勝しました

Diotemaの創始者であり、Istituto Marangoniの卒業生でもあるレイチェル・スコットさんは、ルイヴィトン、ディオールの企業体であるLVMHが手掛けるLVMHプライズにノミネートされた後、米国ファッションデザイナー協議会(CFDA)のエマージング・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました!



ジャマイカで生まれ、ロンドン育ちのレイチェルさんは、ミラノのファッション・デザイン集中コース(Fashion Design One Year Intensive)を受講。そこでスキルを磨き、ヨーロッパとアメリカのブランドのコンサルタントとして働きながら、ファッション界での第一歩を踏み出すためのツールを身につけました。


Costume Nationalでアシスタントデザイナーを経験した後、ニューヨークに移り、J.Mendel、Elizabeth & James、Rachel Comeyなどのブランドで働き、

2020年、ミニマルなスタイルと持続可能性への強いコミットメントで知られるブランド、Diotimaを設立。


One Year Intensiveは1年の集中コースですが、第一線で活躍する講師陣によってプロレベルまで学ぶことが可能な貴重なコースです。


Fashion Design、Fashion Styling、Fashion Design、

Interior Design、Product Designのコースがございます。


オンライン、対面でのご相談のご依頼、その他ご質問などございましたら、遠慮なくお問い合わせください☺️






Comments


bottom of page